血圧を下げる効果がある食事で元気な身体を維持!

男女

健康志向のメニューとは

Man

塩分過多の注意点

高血圧などの症状を引き起こすリスクが高いとして知られているのが塩分過多の食事です。特に日本人は塩分が濃い食事を好む傾向にあり、知らず知らずのうちに一日の摂取量以上の塩分を余分に摂っている可能性があるのです。こうした状態が慢性化することによって高血圧など、健康面での影響が顕著に現れるようになるため血圧に気を遣っている人は特に注意が必要になってきます。血圧を下げるためにはこうした塩分過多の食事を控えることが第一になってきます。必要に応じて減塩の調味料、食材を用いて積極的に食事から塩分を減らしていくのです。とはいえ、あまりに塩分を控えすぎてしまうと今度は食事が味気ないものになってしまいます。その場合には他の調味料を活用したり、あるいは出汁をうまく活用してその味と塩分摂取のバランスを取っていくことをオススメします。

塩分以外での注意点

血圧を下げる食事としては、塩分以外にも押さえておきたい点があります。それは脂肪分のとりすぎ、さらにはカロリー摂取の量についてです。どんなに塩分を控えて血圧を下げる努力をしたとしても、過度のカロリー摂取は太りやすい体質を作ったり、あるいは結構に害をなすほどの肥満体質をひきおこします。これではせっかく血圧を下げることができても、他の要因で色々な症状、病気が発症する可能性もあるのです。血圧を下げる努力をする場合、塩分だけでなく、脂肪分、カロリー摂取についても気を配り、全体的な食事の改善を図っていくことが大切になってきます。つまり、和食などの低カロリーな食事を積極的に取り入れるのがベストということです。